スイミングのダイエット効果

18年03月30日

ダイエットに挑戦しようと一念発起された方のほとんどは、体の重さや贅肉、脂肪が気になっていることでしょう。ウォーキングやジョギングは手軽に始められる運動ではありますが、体重がある方にとっては、ひざや腰に負担がかかり、無理をすると歩くのにも支障が生じることもあります。その点、スイミングは、浮力によって体の重さを感じることなく負担をかけずに水の抵抗によって運動をすることができます。

プールフィットネスクラブのジムトレーニングも間違った方法で続けると筋肉がついてしまうこともあります。水中での運動は全身の筋肉をまんべんなく鍛えながら体を絞ることができるとともに有酸素運動になることから基礎代謝力をアップすることもできます。泳ぐだけでなくウォーキングや水中エアロビクスなど、さまざまなメニューでボディメイクすることが可能です。年間を通して利用できる温水プールも長く入っていればジェットバスやサウナで体を温めなくてはならないほど冷えてしまうものです。体温より低い水温のなかに身をおくことで、自らの脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出そうとする働きが起きることから、効率的に体脂肪を落とすことができます。偏った食事療法で行うダイエットよりも美しく健康的に痩せることができます。

スイミングのメリット

18年03月20日

スイミングは、心肺機能や身体機能を高めることができるとともに持久力を射に付けることができ、ダイエットにも効果的であると言われています。水中での運動となるため、関節や腰などにかかる負担を軽減することができ、水中をウォーキングするだけでも効果があります。ダイエットは、基礎代謝力をあげて体質そのものを改善することが求められますが、そのために必要となるのが血流の改善です。体の隅々まで酸素や栄養分を運び、老廃物を体外へ排出するために欠かすことができないのが血液の流れであり、有酸素運動がダイエットに効果的であると言われる所以にもなっています。

泳ぐ人スイミングは、水圧により自然に体をもみほぐすマッサージ効果を受けながら運動をすることができるため、ダイエットだけでなく、美容や健康にいいと言われています。1時間のウォーキングで消費されるカロリーが200kcalとすると、スイミングでは平泳ぎで1時間泳ぐとその約3倍、クロールだと約5倍の消費カロリーがあるとされています。スイミングをする際には、キャップをかぶり、ゴーグルをつけるので、知人に会っても意識されることが少なく、周りを気にすることなく没頭できることもフィットネスクラブのスイミングが女性に人気があるひとつの理由と言えるでしょう。

《参照リンク》フィットネスクラブ

今、フィットネスクラブが人気の理由

18年03月19日

日本人の平均寿命は年々、確実に伸びており、本格的な高齢化社会を迎えて健康寿命をいかに延ばすかが課題となっています。健康志向や生涯スポーツへの関心も高く、全国にはさまざまなスタイルのフィットネスクラブがあります。最先端のマシンがずらりと並ぶマシンに特化したクラブ、ウエイトトレーニングに重点を置いているクラブ、専任のパーソナルトレーニングをメインとしているクラブ、ヨガやエアロビクス、ピラティスやボクササイズなど、さまざまなスタジオメニューが充実しているクラブ、など多種多様です。

ウォーキングなかには、365日24時間いつでも好きなときに利用することができるところもあり、働き方が多様化している現代において効果的に体を鍛えたり、ダイエットしたりすることができるようになっています。自分で簡単にできる運動にウォーキングやジョギングがありますが、天候に左右されるとともに交通量や車の排気ガスなどの不安や人目に触れる恥ずかしさもあり、特に女性には躊躇してしまう方も多いことでしょう。

フィットネスクラブは、天候や気温などを気にする必要がなく、自分の体力や目的に合わせて好きな時に好きなだけ運動をすることができます。専門のトレーナーや講師のクラスを気軽に受講することができ、効果的な運動の方法やマシンの使い方などについてもアドバイスを受けることができます。最近では、アリーナやテニスコート、ゴルフ場などさまざまな施設が付帯したフィットネスクラブもあり、ひとつのスポーツを楽しむためだけに通っている方もいるようです。なかでも、体に負担をかけずに効果的な運動をすることができるスイミングは、子どもから高齢な方まで根強い人気があります。