スイミングのメリット

18年03月20日

スイミングは、心肺機能や身体機能を高めることができるとともに持久力を射に付けることができ、ダイエットにも効果的であると言われています。水中での運動となるため、関節や腰などにかかる負担を軽減することができ、水中をウォーキングするだけでも効果があります。ダイエットは、基礎代謝力をあげて体質そのものを改善することが求められますが、そのために必要となるのが血流の改善です。体の隅々まで酸素や栄養分を運び、老廃物を体外へ排出するために欠かすことができないのが血液の流れであり、有酸素運動がダイエットに効果的であると言われる所以にもなっています。

泳ぐ人スイミングは、水圧により自然に体をもみほぐすマッサージ効果を受けながら運動をすることができるため、ダイエットだけでなく、美容や健康にいいと言われています。1時間のウォーキングで消費されるカロリーが200kcalとすると、スイミングでは平泳ぎで1時間泳ぐとその約3倍、クロールだと約5倍の消費カロリーがあるとされています。スイミングをする際には、キャップをかぶり、ゴーグルをつけるので、知人に会っても意識されることが少なく、周りを気にすることなく没頭できることもフィットネスクラブのスイミングが女性に人気があるひとつの理由と言えるでしょう。

《参照リンク》フィットネスクラブ